2、加減速の少ない運転

車間距離は余裕をもって、交通状況に応じた安全な
定速走行に努めましょう。


車間距離に余裕をもつことが大切です。車間距離を詰めたり、速度にムラのある走り方をすると、加減速の機会も多くなり、その分市街地で2%程度、郊外で6%程度燃費が悪化します。また、同じ速度であれば、高めのギアで走行する方が燃費はよくなります。交通の状況に応じ、できるだけ速度変化の少ない安全な運転をしましょう。